アラサー婚活。 売れ残りの私はもう手遅れなの?

MENU

アラサー婚活。 売れ残りの私はもう手遅れなの?

花嫁

 

25歳で、友達が大学生の時から付き合っていた彼氏と結婚。

 

大学時代は冴えない男性にみえた友達の彼氏は、今や年収600万円以上はあるであろう大企業に勤めている。

 

26歳で同期が職場恋愛を成就させ、結婚。

 

「うちら、ヤバいよね〜」と言い合っていた独り身同士の友達と一緒に合コンしたら、友達には彼氏ができて、幸せそう。

 

売れ残りのアラサーの自分はもう結婚できないのではないだろうか・・・

 

いい人はもう残っていないんじゃないか?

 

もう手遅れなんじゃないか?

 

私はかつてそのように思っていました。

売れ残りにこそビックチャンスがある

ティアラ

 

結婚相手というのはやはり、自分の身の丈相応の人になります。

 

たとえルックスがいい人と悪い人が一緒になっていたとしても、別の部分(経済力・家事力・性格面)においてバランスが取れているものです。

 

●あなたの理想の結婚相手とはどんな人ですか?

 

外見・性格・経済力・家事力、様々な点から

 

詳細な特徴を50個以上書き出してみましょう。

 

メモ帳

●もし、その理想の結婚相手が今のあなたに出会ったら、あなたを選びますか?

 

その理想の結婚相手と自分自身を比較して、その相手と自分は似合うかどうかを考えてみましょう。

 

たとえばあなたの理想の結婚相手が

 

「筋肉質で引き締まった体型の男性」

 

であった場合、おそらく彼の生活スタイルはジムに通っていたり、何かスポーツをやっている可能が高く、食生活にも気をつけているような人だと予測できます。

 

そういった男性が、休日は家で寝てばかりの女性や、今年こそはダイエットすると口先だけの女性を選ぶでしょうか?

 

他にもライバルがたくさんいる中で、あなたのことを選んでくれるでしょうか?

 

 

選んではくれないなと感じた場合、選ばれる人になりましょう!

 

もしくは、それは本当に自分が望んでいる条件なのか、考え直してみましょう。

 

頑張る女性

 

理想の結婚相手にふさわしい女性になったとき、自分にぴったりな男性からアプローチを受けるようになるはずです。

 

あなたがまだ結婚相手に出会えていないのは

 

売れ残っているのではなく、

 

もっと素晴らしい人に出会うためです。

 

案外良い男性は残っているものです♪

 

 

私は婚活サイトを使ってからトントン拍子でうまくいきました。

 

私が使って良かった婚活サイトまとめ